瞑想の研究、心理学、神経科学、成人教育の専門家によって2009年にスタンフォード大学のCCAREで開発されたコンパッション(慈悲・慈愛)育成トレーニング(CCT™)は、科学研究と世界中の10,000人以上の卒業生に支えられています。

慈愛と慈悲心はおそらく、自分に思いやりを向け、人間関係を改善するために使用できる最も強力で効果的なツールです。 CCT™のエクササイズは、精神的な習慣を構築し、困難な状況においても、心を開き、個人の幸福、回復力、有意義な人間関係を促進することが、一定の時間経過の中で実証されています。

なぜ慈愛、慈悲心の教育が大切なのか?

私たちは皆、困難な状況、困難な人間関係に直面するものですし、人生が提供してくれる最高の経験を享受することを妨げる内側の思考や信念にも直面することがあります。私たちが世界や周囲の人々にもっと気づき、オープンになり、好奇心を抱くようになると、私たちは自然な慈愛、慈悲心を実際的な方法で活用して、人生で最も困難な個人的な課題を乗り越え、自信と気楽さをもって人生の浮き沈みを乗り越え始めることを学びます。慈愛、慈悲心を実践することで、自分自身の心配や恐れを和らげることができるので、人間関係、家族、職場、地域社会において、私たちは善を推進する強力な力になることができます。

グローバルに展開する実績のあるプログラム

CCTは、自分自身に慈愛、慈悲心を持ち、他者との関係を改善したい人をサポートします。クラスは小グループで、高度な訓練を受けたファシリテーターによる8週間の受講期間で行われます。

それは心理学、神経科学、そして瞑想的、観想的実践からの洞察と技術を使って開発されています。このコースでは、エビデンスに基づく瞑想のテクニック、インタラクティブなディスカッション、講義、および現実世界での演習を統合して、学習を実践します。

あなた自身の慈愛、慈悲心ある性質を活性化することで、ご自身の日常生活の強力な力としてください。

CCT™は世界中で教えられており、実践的なスキル、ツール、知識を提供しています。卒業生として、あなたはより深い理解、喜び、そして目的をもったあり方から、自分自身、他人、そしてあなたの周りの世界に関係する習慣が身についているでしょう。

慈愛、慈悲心の輪は私たちから始まります。

あなたは世界をより良い場所にすることに参加することができます。